にっき






2021.7.21「今が最高」


新篠津村に引っ越して、1年半ほど経ちました。
実家が車で30分ほどの場所なので、大して生活圏が変わったわけでもないようなものだけど、
暮らす家のある場所で、ここまで日々の気分?気持ち?のようなものが違うのか、と思います。

小さい頃から自然の多いところが好きだという意識があって、
大人になったら田舎に住みたいと思っていました。
でもなんとなく、もっと落ち着いてから(仕事も生活も)みたいなイメージがずっとあって、
きっと本当に住みたいところに住めるのは40過ぎてから?という気がしていました。

でも、数年前くらいに、家の周りで人の気配がすることや周りのお家のいろんな匂いが混ざりあっている感じが
すごく苦手だということに気がついて、気がついてしまった時にはもう、我慢ができなくなって、あっという間に引っ越しました。

引っ越したことによって、仕事の仕方も変わって、生活もすごく整って、本当にいいことばかり。
働いて自分たちで稼いだお金で生活をしていくことが、これほど楽しくて満ち足りた気持ちになることだなんて、学生のころは想像もつかなかったな、と思います。

自分たちで仕事をし始めてから団体に属することが苦手なんだな、と気がついて、
私は大学卒業後即ガブリなので、会社に属した経験はないのだけど、
小学校〜中学校〜高校〜大学〜と団体に所属していることが本当にしんどかった。

高校生真ん中くらいからなんだかいつもイライラ?モヤモヤ?していることが多くなって、
友達たちが楽しいと感じることと自分の楽しいと思うことが全然違って、
今思えば違って当たり前なんだけど、それにしても話が通じない感覚があって、

友達はいたし、楽しんでいるように過ごさないといけないと思って無理してつるんだりして、
楽しくない自分があまのじゃくなのかな〜とだけ思っていました。

大学生以降は、話てて楽しい人たちができて、
あ、やっぱり、そういう人たちと今まで出会ってなかっただけなんだ、と救われた気持ちになりました。
それでも毎日同じ人たちと同じ話ばっかりしている人たちにイライラしてしまうのだけど・・。

夫と2人でガブリの仕事をやるようになって、
一番話が通じる人と試行錯誤しながら仕事をして、生活をして、
本当に今が最高だな〜と最近よく言ってしまいます。
一生懸命働いて、遊ぶときは遊んで(最近は植物に夢中)、毎日美味しいもの食べて、こんな生活がずっと続けられるように頑張りたい!と強く思います。

5月くらいに、毎年恒例になりつつある、母校の大学の授業にゲストとして呼ばれて話す機会がありました。
その時に「今後の目標は?」という質問があって、私たちは「離れ的な小屋を建てたいんですよね〜」と答えたら、
そういう実際にやりたい近々の予定ではなくて、事業の目標的な答えを期待していたみたいで、いやいや!とつっこまれてしまった。

それからガブリの目標はなんだ、と考えるけど、やっぱりギラギラした起業家のような答えがどうしてもなくて
できるだけ長く続けたい、という答えになるのでした。



にっき 
毎日散歩の景色が良くて幸せ。



もどる
本をよむくま
topへ